横浜のデリヘルは美少女が多い理由

首都圏の中でも横浜のデリヘルは特に可愛い女の子が多いといわれる理由を探ってみた

*

深夜や早朝でもデリヘル嬢は困らない

      2017/04/05

深夜や早朝でもデリヘル嬢は困らない店舗型の風俗店は深夜12時以降の営業は風営法の関係で営業は出来ないが、無店舗型風俗であるデリヘルに限り営業時間の法的束縛が一切ない、つまり夜12時過ぎに遊べる風俗店はデリヘルだけという事です。
深夜や早朝でもデリヘル嬢は困らない

首都圏だけでなく繁華街のデリヘルは深夜や早朝まで営業している店は珍しくない、但し24時間営業ができるデリヘルともなれば、需要と供給、そして交通の利便性から風俗嬢が帰宅手段に困らない地域と限定されてきます。

横浜ならば深夜1時過ぎでも電車があり、早朝でも電車があるので何時にお店が終わっても帰宅するのに困る事はない、また電車が動いていない時間帯でも24時間何かしらの飲食店や人が集う場所があるからだ。

それに比べて千葉や埼玉などはどうだろうか。

少しエリアが外れるだけで電車は夜12時前には終電が終わり、深夜に終わる店で女の子が待機所から出されてしまって電車の始発まで時間を潰す事が困難な環境は同じ首都圏でもあからさまに違いますね。

横浜は人口密度からも需要と供給からデリヘル嬢はいつでも稼げる環境ですが、自分にあった店舗を探すのもデリヘル店が沢山あるだけに、お店側も女の子を確保しようという考えから女の子が働く環境改善は少なからず投資を惜しまない良好なお店が沢山あるのです。

そういった意味でも横浜や関内では、時間を問わず頑張った分だけしっかり稼げる環境が整っているという事ですね。

充実した設備がある待機所を揃えるデリヘル店がある

高級ホテルみたいな質感はさすがに無いが、要点を抑えた設備が整う待機所を用意するデリヘルが横浜にはあります。

ある意味でシャワールームがあって、当然そこにはシャンプーやリンス、ボディーソープなどは揃っているし、メイクをするにもドライヤーや鏡など必要なものが揃っています、さらにビジネスホテルへ案内される場合、シングルルームでの利用客が多い関係で女の子のバスタオルが無いと困るという事から、バスタオルを持参させるデリヘル店があるのです。

つまり、大量のバスタオルを用意するデリヘルという事は、洗濯機だって当然あるって事ですね、そして食事等は横浜なので最寄りに多数の飲食店がありますし、待機所で寝ている女性だって多いです、結果として着替えさえあれば数日暮らすのも問題がないほどの設備や環境が整っているという事ですね(笑

 - 交通手段の利便性

  関連記事

関連記事はありませんでした